>

相手にプレゼントを贈る場合

相手が家にいる時間帯

宅配便を利用すると、遠く離れた土地に住んでいる人にも荷物を送ることができます。
プレゼントを贈る際は、時間を指定した方が良いでしょう。
相手が仕事をしている人だったら、日中届いても荷物を受け取れません。
すると宅配便は荷物を持って帰ってしまうので、再配達を依頼します。
相手の負担を増やすので、最初から確実に受け取れる時間を指定しましょう。

荷物を申し込む時に、希望する配達時間を選択できます。
仕事をしておいる人だったら、夕方以降に届くよう申し込むと良いでしょう。
事前に、相手に連絡しても良いですね。
その時に、いつなら都合が良いのか聞いてください。
相手が指定する時間だったら問題ないので、時間指定を忘れないでください。

誕生日プレゼントを贈ろう

記念日のプレゼントを贈るなら、必ずその日に届くよう指定しなければいけません。
宅配便は時間だけでなく、日にちも指定できます。
早めに送った場合でも日にちを指定していれば、その日に合わせて届けてくれるので安心してください。
誕生日の前日に、慌てて送ることは控えてください。
それでは、指定した日に届けることができなくなってしまいます。

余裕を持って、プレゼントを贈ることを意識してください。
まだ時間があるからと後回しにしていると、そのうち忘れてしまいます。
また自分の都合が悪くなって、なかなか荷物を宅配便に依頼できなくなるかもしれません。
都合の良い時に、申し込みを済ませておいた方が良いでしょう。
計画的に送ってください。


TOPへ戻る